部屋と心と体を整えるお役立ち情報

暮らしを整える習慣

カテゴリー

365日。整理収納で困らない5つのライフハックで#1のライフスタイルを整える

投稿日:

整理収納~探しモノをする人

収納でお困りではありませんか?

整理収納術はライフハックのひとつです。

収納には鉄則があります。
365日すっきり。整理収納で困らない収納をご紹介します。

ライフスタイルを自分の思うがままに整える

私が弁護士になるまで

整理収納の目的はライフスタイルを自分の思うがままに整えることにあります。

そのためには、社会との関わりを整える必要があります。

私たちはひとりでは生きていけません。必ず関わりを求めます。
その関わりを素敵なものにするには、おそらく自分が他者に貢献する必要があります。
優れたものは、渾身の心を込めないとできないと思います。

それには自分自身が何かに打ち込める環境が必要だと思います。
情報化社会では、情報が溢れています。これがモノと併せて押し寄せてきます。
不要な情報のすべてをカットして、大切な情報だけに囲まれる必要があります。
ミニマリストという発想が生まれたのは、情報化社会と関係がないわけではありません。

大事なことは自分がしたいことをハイパフォーマンスでやり遂げることです。
過去の情報(歴史)には価値のないモノがたくさん含まれています。
「みんなと同じことをしていたらいい」という考えは怖い考えです。
みんなと同じことをしていたら、他者に貢献できるわけでもありません。
起業して、たった10人で世界を相手にビジネスしてもいいのです。
女性がたったひとりで起業して、子育てしながらビジネスしたっていいのです。

整理収納はそのために、自分の身の回りをすっきりさせる作業であり、一度やれば片付くものではありません。
日々の課題です。

あるアナウンサーだった女性は、アナウンサーから弁護士への転身を図りました。

彼女は弁護士になるために、試験に備えて、ホテルに本をダンボールで持ち込み淡々と勉強したといいます。
そのホテルの部屋になにがあったでしょう。
とっても痛快な生き方ですよね。彼女には本とノートとペンしか必要でなかったのです。

これこそミニマリストの極意であり、整理収納をする理由です。

整理収納の目的は、整頓にあります。整頓は毎日のことで習慣になる必要があります。

整理収納アドバイザーの大容量収納ベッドの使い方

整理収納アドバイザーの整理収納術

私たちはモノをどんどん購入し、消費します。

そのたびに、モノの量はどんどん増えてきています。ゴミの量もますます増えてきています。

映画に登場する江戸時代の家の中はほとんど物がないですね。そんな時代には整理なんて概念はなかったかもしれませんね。

整理のゴエス

 

整理のゴエスとは、次の5つです。整理・整頓・清掃・清潔・習慣です。

  • 「整理収納」での整理とは、きれいに収納することではありません。
  • 整理とは区別することです。
  • 効率よく使えるように、使用目的ごとにグループ化しておきます。
  • 整理の8段階を参照してください、

  • 「整理収納」での整頓は、必要なときに、すぐに取り出せるようにしておくことです。

  • 「整理収納」での清掃は、埃がつかないように日常的に手入れすること。
  • 清掃によって整理~整頓が維持できます。
  • ほこりを払うとは、錆びないようにするのと同じ。

  • 「整理収納」での清潔とは、磨きをかけること。
  • 整頓の精度をあげます。
  • スキルを磨くと、モノを磨く。2つの意味があります。

  • 「整理収納」での習慣は、整理・整頓・清掃・清潔のサイクルを習慣にすることです。
  • 人生を変える習慣に育て上げます。

探し物はデメリットの巣窟

整理する子ども

「整理収納」について経済的価値をどのようにお考えでしょうか?

例えば100人の社員がいる会社で社員ひとりあたり一日5分の探し物をした場合、いくらになるでしょう。

社員が100 人、稼働日数200日の会社の場合、社員1 人あたり1 日5 分の探し物をしたとすると、1人100,000分(16.67時間)になります。

*アメリカで調査したところ240時間あったそうです。

平均コストが2000円だったとして、1年間で333万円の無駄遣いになります。

お金だけではありません。

イライラ、ストレス、時間を併せて浪費します。

本来なら、これらは生産的なことに充てることができた時間です。

いくら利益、利益と騒いでも、わずか5分でロスがこれだけあればたまったものではありません。

この負の仕組みは個人にそのまま当てはまります。

 

探し物をする時間は、もったいないですね。

整理から整頓

断捨離している人

整理は誤解されやすいのが、

必要なときにすぐに取り出せること。

つまり整頓ができるために整理するのです。

だから大容量の収納ベッドだからといって、詰め込んでほしくないのです。

余計なことに神経を使わないで、人生を思い切り生きることができる応援ベッドであってほしいのです。

整理の8段階

整理されたものはわかりやすい

 

「整理収納」での、整理は片付けることではありません。

片付けようとするから、不要なものがどんどんたまります。

整理の目的は使いたい時にすぐに取り出せるようにするためです。

上の図のように同じ木が並んでいても何段目の右から何番目といってもすぐに見つかります。

でも整理されていなければ見分けがつきません。

いろいろ混在していると速やかに取り出せなくなります。

所有している目的のないものが多過ぎて邪魔をしているのです。

ストレスのない収納には「置き場」となる指定席に至る「8つのステップ」があります。

  • 本来、モノには「所有する目的」があります。整理するときに、つまり目的別に分類していくときに、所有している理由をはっきりとしましょう。
  • 所有する目的を明確化することが、整理のスタートです。
  • 所有する目的もないのに、所有しているのはゴミを抱えているのと代わりがないといえば言い過ぎでしょうか?
  • いざ捨てる、処分するとなると、所有する目的が重要になります。

モノマトリックス

 

  • 使用頻度の高いモノ(現在使用中)
  • 使用待機のモノ
  • 所有しているだけのモノ
  • 廃棄予定のモノ

  • 整理とは区別することです。
  • 区別できていないとどこを探せばいいのか分かりません。
  • これが探し物の原因です。
  • 忙しいときに、整理整頓できますか?「いまはそんな場合ではない!」といって放置すると散らかります。忙しいときに、整理整頓が、事前にされていること、ルールが必要なのです。
  • 探すにしても範囲が絞られていると見つけるのが早くなります。
  • FBIを創設したジョン・エドガー・フーヴァー長官は、晩年と死後に問題の多かった人物ですが、功罪ともに原動力となったのは、データべースの構築、つまり使うための整理でした。

グルーピング

  • 複数でひとつの作業をしてくれるモノをグループとみなしたうえで、グループ分けします。
  • グルーピングしたものは、ひとつのモノと見まします。
  • グループを作って離れないようにセットして収納すると、モノがグループから動きません

使用頻度別分類

モノを使用頻度によって5 段階に区別します。

毎日使うモノ

2 日~3 日に1 度使うモノ

週1 回程度使うモノ

月1 回程度使うモノ

年1 回使うモノ

 

  • 使用頻度で、モノをきちんと整理しておけば、生活は格段にしやすくなります。
  • モノにも賞味期限があると考えます。
  • 賞味期限切れのモノは持つ意味がないと考えた方が良さそうですね。

  • 空いたスペースをどのように使うか。重要な整理収納のポイントです。たとえば押入れの中段スペースの上初センチくらいが空いているとします。押入れは、中段が一番使いやすい場所です。でも中段なのにスペースが空いているのはいかにももったいないですよね。
  • 布団の出し入れをするために空けている人もいるかもしれませんが、あと却センチくらいは何か別の収納に使っても、出し入れに不自由はしません。
  • このような「収納しやすい場所であるのに余っているスペース」をうまく活用していくアイデアを家の中で多く見つけると、収納がうまくいきます。
  • 収納しやすい場所には他にも、机の下、階段の下など、生活動線上出し入れしやすいところと考えるといくつもあります。
  • 収納しやすいスペースをうまく活用することができれば、収納しにくい押入れ上部などのスペースはほとんど使わなくても生活ができるようになります。

 

  • 美しく収納するための条件は、収納する場所と、収納する中身のテイストがあっていることです。
  • しかし、長年モノに固まれた生活をしてきた方は、しまう場所からではなく、しまうモノから考える方が分かりやすいはずです。
  • 持つべきか持たざるべきかを考え、本当に欲しいものを手に入れたとき、それをどういう場所にしまいたいかという発想に変えていくようにします。

  • 家族で暮らす場合、家族が決められたモノの定位置をみんなが共有している必要があります。
  • 独身の場合でも、モノの定位置(指定席)を決めていないと、混乱のもとになり、いつまでも定位置(指定席)がない状態が続きます。これを防ぐために指定席を確保します。

整理収納をするメリット

整理は宝の山

整理収納には目的があります。

使いたいモノを速やかに取り出せる。

たったこれだけですが、探し物には膨大な時間の無駄とストレスがついてきます。

整理収納をするメリットとデメリットを考えてみましょう。

経済的な効果(ファイナンシャルプランナーの視点)

精神的な効果(ライフスキルデザイナーの視点)

健康面での効果(スリープアスリートの視点)

時間的な効果(総合的な視点)

  • デメリットはなにもないですね。整理に時間をとられますが、探し物にかかる時間を考えると「投資」です。
  • ファイナンシャルプランナーの立場からいうと、投資による見返りを学べます。この学びはとても貴重な体験です。
  • ライフスキルデザイナーの立場でいうと、ストレス対処スキルがアップします。イライラや感情的な対処が減るのでアンガーマネジメントの面でも効果を発揮します。
  • 整理整頓された部屋で寝起きするのは、気持ちの良いものです。スキルアップすることで毎朝旅館で寝起きするような感覚になります。

整理収納付きベッド

跳ね上げ式収納ベッド

ガス圧式跳ね上げウッドスプリング収納ベッド 【Stadt】シュタット レザータイプ

整理収納を考えたベッドが人気です。

収納量にもベッドで違いがあり、選べるので大変便利です。

しかし、「収納スペース」が増えるとモノが増えるのが鉄則です。

なので、整理収納ができていない状態のお部屋に「収納付きベッド」はおすすめしていません。

まず、先に整理収納をしていただき、使いやすくなったお部屋に収納付きベッドをおすすめしています。

整理のゴエスを実行していただくと、全体の収納が60%の状態になると確信しています。

つまり40%の余白のある状態。

それを邪魔しているのが、

  • 所有しているだけのモノ
  • 廃棄予定のモノ

の2つです。

これを撤去していただくと、40%の余白ができます。

ガス圧式跳ね上げ式収納ベッドには、季節モノの家電を収納していただけます。

あるいは衣装ケースも入る収納ベッドには、日常使いの衣類や小物、雑貨を収納していたくと便利。

すごく使いやすく気持ちにゆとりができます、

暮らしにゆとりが出ます。

人生を楽しむためのベッド。

それが収納付きベッドです。

ついつい整理を後回しにしてしまうのは、整理で得られる利益が何か、具体的にわかっていない場合が多いからだと言えるように思います。

大容量収納ベッド Friello フリエーロ

衣装ケースも入る大容量収納ベッド Friello フリエーロ

収納ベッド特集

チェストベッド

まとめ

整理収納の目的は整頓にあります。必要なモノがすぐに取り出せる。

なぜ、整頓が必要なのかは、自分を生きるためです。

自分を生きるにはハイパフォーマーでいたいですよね、時間は有限だからです。

そのために整理収納と睡眠はとても大事です。

 

収納付きベッドは、部屋が狭い日本に向いている機能です。

特にワンルームや家族同居の場合、スペースを有効に使えるので重宝されます。

使い方次第でクローゼットや押入れの大半のモノを収納できる場合もあります。

整理収納の目的を知ったうえで、人生を変える力を堪能していただくとうれしいです、

なぜ人生を変える力があるかというと、整理は自分の写し鏡でしかないからです。

つまり自分がどんな人生を歩んでいるのか、を映し出しているにすぎないのです。

スッキリした寝室は、睡眠の質に影響を与えます。

収納ベッド

大容量収納ベッド

跳ね上げ収納ベッド

引き出し式ベッド

チェストベッド

 

ベッド習慣

 

 

インターネット通販専門店ならではの低価格と高品質のベッドが300種類以上と豊富な品揃えで人気の『ベッド習慣』

流通コストを大幅にカットすることで実現した低価格・高品質のコストパフォーマンスをお楽しみください。

低価格と豊富な品揃え、きっとあなたの欲しいベッドが見つかります!

『ベッド習慣』は、口コミ評価も高く、豊富な販売実績を誇るベッド通販専門店ですので、安心して購入いただけます。ぜひご覧ください。

スリープアスリート認定試験講座

 

スリープアスリートになるのに、投資はベッドと寝具、規則正しい生活だけです。

惜しむことなく、人生をエンドレスにワンダフルにしてみてはいかがでしょうか? 

 

 

ショップマートワン

ショップマートワン



人気記事

-ショップ, ライフハック, 整理収納

Copyright© 暮らしを整える習慣 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.