マインドフルネスで生きづらさの原因「潜在意識」を認識する

執着心トップ4 マインドフルネス
ミノルさん
ミノルさん

こんにちは。人生100年時代の心と身体とお部屋をゴエスする「マインドフルネス実践講座」コーチ、特別な一日。日本代表ゲンキポリタンです。

もともとのいのちは、ひたすら生きようとしています。

もともとのいのちは、胎内で成長し、肉体を持ってこの世界に誕生しています。
その存在を維持するには水、酸素、食物など一定の要素を満たさなけれればなりません。また身体の保護・養育に「愛着」も必要です。

現代ではこの「愛着」に障害が多発する傾向があります。
たとえば母親のネグレストが代表的な事例です。さらに「他者」などの存在も過剰に持ち込まれます。本来は適切な愛着があり、他者やその他要素が適度に制限されれば子どもは安心して育ちますが、過剰に持ち込まれればストレス(執着)を強める原因になります。
つまり人の手によって、もともとのいのちは痛めつけられています。

ゲンキポリタン 10の約束

  1. 生きづらさの原因「潜在意識」を認識する
  2. 考えるな、無意識にまかせる
  3. マインドフルネスで整える
  4. 哲学する
  5. 「ひたすら繰り返す」ルーティンワークを日常とする
  6. ループする煩悩製造システムを気にしない暮らし
  7. マトリックスから脱出する

今回はゲンキポリタン10の約束から、ライフスキルのストレス対処スキルと密接な関係にある『生き辛さの原因「潜在意識」を認識する』についてお話します。

生存に関係のない六大煩悩と四苦が生き辛くしている

マインドフルネス実践講座

6大煩悩と呼ばれている貪・瞋・癡・慢・疑・見の六つの根本煩悩があります。
これら貪・瞋・癡・慢・疑・見の六つの根本煩悩から派生して起きる我癡・我慢・我見・我愛の4つの煩悩を随煩悩といい、4大苦になると言われています。

我癡・・・我(が)に囚われている、末那識(まなしき)という我執(がしつ)の心
自分を知ろうとしない(無明)。
我慢・・・・強い自己意識から生じる慢心のこと。 うぬぼれ。自分が、自分が、自分がの意識、
常に比較し自分が優れていると主張する、
我見・・・・我執ともいい、偏見に満ちた物の見方、意見。
我愛・・・・貪ること。もっと愛してくれ、五欲の対象である万の物を必要以上に求める心。

これら六つの根本煩悩から派生して起きる我癡・我慢・我見・我愛の4つの煩悩(4大苦)が生存とはなんの関係もない領域にまで持ち込まれ、ひどい場合には認知の歪み、さらにはストレスによって肉体のバランスまで崩して中道を維持できなくしていることです。

海水を飲んで美味しいですか

アルコール依存症に代表される「依存症」は、自身の得体の知れない空白を埋め尽くすのに大変便利なものです。最初は神経細胞が落ち着いた快楽体験から始まりますが効果は一時的です。

「執着」のはじまりです。不安、寂しい、つらい、イライラするなど、言葉によって(空白が)あると錯覚した神経細胞がざわついて空白を埋めたくなると、強迫観念が背中を押して再び取り入れたくなり、その頻度は高速で進みます。その都度、理由付け(条件づけ)をして正当化します。

これが依存状態です。ますます執着が強くなり、自分自身が変化します。

ループする煩悩製造システムが身体にある

マインドフルネス実践講座

冒頭に挙げたように、適切な愛着があり、他者やその他要素が適度に制限されれば子どもは安心して育ちます。しかし愛着の多寡がバランスを崩し、少なすぎる、多過すぎるとストレス(執着)を強める原因になります。

これを説明するのに、「異性に恋した場合」を考えてみるとよくわかります。
恋した相手には積極的に、あの手、この手で、近づきますが、実際に関係ができるにしたがって、想像した満足は低下します。その理由は、「執着」の対象がなんであっても、自分の外にはなく、自分の内にあるからです。自分の内にあるとは、自分が想像で生み出したものだからです。

潜在意識の底には、愛着不足による「阿頼耶識(根本心)=(執着心)」があります。これが思うように満たされないのでことあるごとに「末那識」を育ててします。これら潜在意識(深層心)が顕在意識(=表層心)になり認知の歪みとなって表出します。

認知の歪みが効いた発想ではバランスを欠き、社会的に否定される場面が多くなります。我癡・我慢・我見・我愛の4つの煩悩が燃えさかり、ますます「阿頼耶識(根本心)=(執着心)」は治らないので、雪だるま式に煩悩は肥大化します。

常態化した我癡・我慢・我見・我愛がプラスの効果を発揮することはないので、マインドワンダリング(雑念)は治まることもありません。

マインドワンダリングとの戦いは終わらない

注目!

マインドワンダリング

注目!

スリープアスリート

まとめ

もともとのいのちでライププランする

マインドワンダリングが強化され続ける人生で、ライププランやライフシフトを成し遂げることは不可能になります。

本来取り組むことは知っているのに、できない(=しないだけですが)ので怒りを他者に向けて、ますますマインドワンダリングが強化され続けます。

これをストップさせるのがマインドフルネスです。

スリープアスリート

自分を極めるマインドフルネス実践講座
LINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談

LINE 友だち追加

人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座

マインドフルネス実践講座

誰も言わなかった禅「十牛図」はじまりの尋牛(じんぎゅう)
「十牛図」最初の絵「尋牛」の本質は、「いまの自分」がいないことに気づいた自分を知ることにあります。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」がいないのは、人生脚本に支配されているからです。人生脚本に支配から解放されるには、いまの自分が書いた人生脚本(=ライフプラン)に乗り換えることです。
誰も言わなかった禅「十牛図」二の見跡(けんせき)
「十牛図」見跡の本質は、「いまの自分」が存在することに気づいた状態です。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」に自分らしさの良さを体感するには、具体的な行動が必要です。空想と想像で書かれた人生脚本の支配から解放、執着から離れるにが、いまの自分が書いたライフプランを掲げて達成に邁進する必要がありま...
誰も言わなかった禅「十牛図」三の見牛(けんぎゅう)
「十牛図」見牛の本質は、そこにいると知った瞬間、心の底では「いまここ」にいることになります。気づいた自分を知ることにあります。 気づけば行動する。禅の鉄則です。人生脚本に支配されている自分に気づくことは。人生脚本から解放される自分を実践することです。
誰も言わなかった禅「十牛図」四の得牛(とくぎゅう)
十牛図・尋牛は、いなくなった自分に気づいた絵でした。見跡は、どこに自分はいるんだと探す絵でした。見牛で、そこ隠れている自分を発見しました。4枚目の得牛は、隠れていた自分を捕獲します。捕獲できるかどうかは自分の腕次第なのです。人生最大の公案をあなたがどう気づくか、「得牛」の絵は問いています。
誰も言わなかった禅「十牛図」五の牧牛(ぼくぎゅう)
十牛図、5枚目の牧牛(ぼくぎゅう)は、暴れる牛を手なづけながら家に帰る道中です。暴れるには原因があります。全ての物事は原因があって結果があります、因果の法則で成り立っています。ラケット、認知の歪み、人生脚本にも、十二縁起という原因があります。 十二縁起には成長する手順と因果関係が説明されています。
誰も言わなかった禅「十牛図」六の騎牛帰家(きぎゅうきか)
誰も言わなかった十牛図6枚目「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、本来の自己とそれを求める自己が一体になったので、牛の背中にまたがることで、自分の目線が高くなり遠くまで見えるようになったことを意味します。認知の歪み、ラケット、人生脚本から解放されたのです。内面から湧き出る仏性で共感を悟れるのです。
誰も言わなかった禅「十牛図」七の忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)
「十牛図」七番目の「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」は。悟ったことさえ気にしない、何ものにもとらわれない本来の自己になれたことを表しています。気づけば、悟ることができる。その悟りさえ気にならない一体となった状態は、執着のない、慈愛(共感)そのものです。
誰も言わなかった禅「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう
「人牛倶忘」の状態は、気負いもなく。執着も迷いも生まれない状態です。もはや感情的な人生脚本もなく。日常生活を淡々とルーチンワークで繰り返すだけです。ルーチンワーク(習慣化された生活)を退屈に感じるのは、刺激を自分の外に求めるからですが、もうそんな無駄なことをしなくても、やりがいも生きがいも自分のうちに全部揃っています。
誰も言わなかった禅「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
返本還源(へんぽんげんげん)の返本とは、本(原点)に返(還る)、源にたち還ること。つまり「はじめに還ること、源にたち還る」いのちの源流に還るとどうなるのでしょう?川を流れる一滴の水が湧き出る源泉から飛び出す瞬間を想像してみてください。あなたの働き方、生き方はいのちが求めていたことですか?
誰も言わなかった禅「十牛図」十の入鄽垂手(にってんすいしゅ)
「入鄽垂手」とは「ぶらりと町に入ってきて、何をするということもなく帰っていく」という意味になります。つまり、執着がなく、自他共にあるがままでよしとするなら、何も語らなくても、そこにいるだけで、気軽に声をかけるだけで、いのちの本性が、一切衆生に慈悲を持って接するのです。自利他利の仕組みでつながる循環する。
無形資産の教科書|自分を極める「十牛図」
禅の教科書「十牛図」は、無形資産の教科書として人生100年時代を生きる世代を応援します。自分とは何者か?という根本問題に焦点をあてることで、どう生きるべきか、他者とは何者かという根本問題にも答えを出します。自分を高めたい自己マスタリーにも大きな効果を発揮すること間違いなしです。

 

考えるな、感じろ〜マインドフルネス実践講座

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました