Less is Moreが実感できる整理整頓6つのメリット

Less is More 整理収納
ミノルさん
ミノルさん

こんにちは。人生100年時代の心と身体とお部屋をゴエスする「マインドフルネス実践講座」コーチ、特別な一日日本代表ゲンキポリタンあなたの願いを実らせるミノルさんです。

整理整頓されたシンプルな部屋では、本当に大切なものが並ぶことになり、とてつもない美しさが輝きをもって光を放ちます。

それは豊かな暮らしのみが放つことのできる輝きです。

それなのになぜ、シンプルな暮らしに惹きつけられるのでしょう。

では、「Lessi s More~少ない方が豊かである」との秘密に迫ります。

マインドフルネス ライフスキル
アサーティブネス ライフプラン&ライフシフト

「Less is More~少ない方が豊かである」

マインドフルネス

「Lessi s More=少ない方が豊かである)」は、ドイツ人建築家、ミース・ファン・デル・ローエが残した言葉。
「God is in the details.(=神は細部に宿る)」という哲学を掲げたことでも知られています。

これらの言葉が一定の共感を得るのは、煩悩に苦しむ人々のあり方に通じ、改善を期待させるからです。

「Lessi s More」には、理屈では分かっていても自分でコントロールできないあらゆる「執着」を減らす期待を引き寄せます。

片づけやミニマリストが一定の支持を受けているのは、望めばなんでも手軽に手に入れらる暮らしを実践しながらも、多くの人が「本当の自由」を感じていないからではないでしょうか。

自由とは、自分の思い通りにすると誤解されている面がありますが、それは「本当の自由」ではありません。

鳥さえも空につながれている

鳥さえも空につながれていると言ったのはボブ・ディラン。

空から離れたいと思った瞬間から、鳥は空に囚われていることになります。自由は好きなことをするのではなく、喜びいっぱいに暮らすこと。それは自分のあり方で決まることです。

なんでも好きなものが食べられるからといって、これを自由と感じるでしょうか。最初のうちは、喜びに感じても、やがて虚しさにかわってしまいます。喜びがどんどん減少していくからです。

どうすれば喜びは持続するのでしょう。
煩悩が消えていくとき、執着から解き放たれるときではないでしょうか。

なんでも自由に食べられることが自由でないように、いつ壊していいものに囲まれて暮らしていても、大事にする喜びがなくなり自由を感じなくなります。

整理整頓の極意は、制約のある暮らしです。

多くを持たずに、置き場が決まっているものを使う都度、元に戻す。

Amazon | 大王製紙 エリエール ハイパーブロックマスク ウイルスブロック ふつうサイズ 30枚入(日本製) | エリエール | 布マスク
大王製紙 エリエール ハイパーブロックマスク ウイルスブロック ふつうサイズ 30枚入(日本製)が布マスクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

Less is Moreが実感できる整理整頓6つのメリット

アップルウォッチ

「あるべきものが、あるべきところに、あるべきようにして、ある。」のが物との最高に贅沢で豊かな付き合い方です。Less is Moreが実感できる付き合い方です。

この付き合い方をすれば6つのメリットが簡単に手に入ります。

  • 少ない物で生活出来る
  • 良い物だけを厳選できる
  • いつも気持ちが良い
  • 面倒臭いが最高の快楽だと実感できる
  • 継続すればシステム思考に気づく
  • 達成感でドーパミンが出る

これだけのメリットがあるのに、少ないもので贅沢に暮らすことができない、あるいはしないのは、目先の便利さが簡単に入手できてしまうからです。

つまり自由の価値を誤解している、その本質は自分をないがしろにしているからです。

実は投げやりな暮らしを自由と誤解しているのは、主体性を得体の知れない何か(たとえば間違った情報提供者)に譲っているからです。

実践は、未来のよきことに向かっての種まきなのです。つまり原因を続けていけば、自分が死んだ後でも、その種から芽(結果)が出てきます。

エンドレスにワンダフル、きっと社会はよくなるという確信が、執着心から解放してくれるのです。

確信が持てないとき、人は執着してしまうのです。

整理整頓で人生を奪い返す

マインドフルネス研修

主体性を取り戻すには

、自分が裸で生まれてきて、実は裸一貫でいきているという事実を認識することからはじまります。

すべての「あるべきものが、あるべきところに、あるべきようにして、ある。」を整えましょう。日々、繰り返せばスタイルつまり「私の哲学」になります。

物との付き合い方が、私の哲学になれば、物の声が、歌になって聴こえてきます。煩悩が消えていくと歌になるのですね。

なぜこんなことを言うかといいますと、救急車で搬送されるときに物が少ないとすべてに便利だからです。「”ゲゲゲの鬼太郎”のバッグお願いします。そこに全て入っています。」

人間は管(チューブ)の集積であり、バッグも管であり、家も管の集積なのです。管の中には、できるだけコンパクトに「あるべきものが、あるべきところに、あるべきようにして、ある。」のが理想です。

まとめ

主体性のある暮らしとは、整理整頓をはじめ、すべて実践です。

実践は、未来のよきことに向かっての種まきなのです。

つまり原因を続けていけば、自分が死んだ後でも、その種から芽(結果)が出てきます。

きっと社会はよくなるという確信が、執着心から解放してくれるのです。

確信が持てないとき、人は執着してしまうのです。


人生100年時代のマインドフルネス無礼講実践講座ファイナンシャルプランニングLINEお友だち登録で『1:1トーク』個別無料相談
LINE 友だち追加

誰も言わなかった禅「十牛図」はじまりの尋牛(じんぎゅう)
「十牛図」最初の絵「尋牛」の本質は、「いまの自分」がいないことに気づいた自分を知ることにあります。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」がいないのは、人生脚本に支配されているからです。人生脚本に支配から解放されるには、いまの自分が書いた人生脚本(=ライフプラン)に乗り換えることです。
誰も言わなかった禅「十牛図」二の見跡(けんせき)
「十牛図」見跡の本質は、「いまの自分」が存在することに気づいた状態です。気づけば行動する。禅の鉄則です。「いまの自分(=本当の自分)」に自分らしさの良さを体感するには、具体的な行動が必要です。空想と想像で書かれた人生脚本の支配から解放、執着から離れるにが、いまの自分が書いたライフプランを掲げて達成に邁進する必要がありま...
誰も言わなかった禅「十牛図」三の見牛(けんぎゅう)
「十牛図」見牛の本質は、そこにいると知った瞬間、心の底では「いまここ」にいることになります。気づいた自分を知ることにあります。 気づけば行動する。禅の鉄則です。人生脚本に支配されている自分に気づくことは。人生脚本から解放される自分を実践することです。
誰も言わなかった禅「十牛図」四の得牛(とくぎゅう)
十牛図・尋牛は、いなくなった自分に気づいた絵でした。見跡は、どこに自分はいるんだと探す絵でした。見牛で、そこ隠れている自分を発見しました。4枚目の得牛は、隠れていた自分を捕獲します。捕獲できるかどうかは自分の腕次第なのです。人生最大の公案をあなたがどう気づくか、「得牛」の絵は問いています。
誰も言わなかった禅「十牛図」五の牧牛(ぼくぎゅう)
十牛図、5枚目の牧牛(ぼくぎゅう)は、暴れる牛を手なづけながら家に帰る道中です。暴れるには原因があります。全ての物事は原因があって結果があります、因果の法則で成り立っています。ラケット、認知の歪み、人生脚本にも、十二縁起という原因があります。 十二縁起には成長する手順と因果関係が説明されています。
誰も言わなかった禅「十牛図」六の騎牛帰家(きぎゅうきか)
誰も言わなかった十牛図6枚目「騎牛帰家(きぎゅうきか)」は、本来の自己とそれを求める自己が一体になったので、牛の背中にまたがることで、自分の目線が高くなり遠くまで見えるようになったことを意味します。認知の歪み、ラケット、人生脚本から解放されたのです。内面から湧き出る仏性で共感を悟れるのです。
誰も言わなかった禅「十牛図」七の忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん)
「十牛図」七番目の「忘牛存人(ぼうぎゅうぞんじん/ぼうぎゅうそんにん)」は。悟ったことさえ気にしない、何ものにもとらわれない本来の自己になれたことを表しています。気づけば、悟ることができる。その悟りさえ気にならない一体となった状態は、執着のない、慈愛(共感)そのものです。
誰も言わなかった禅「十牛図」八の人牛倶忘(じんぎゅうぐぼう/にんぎゅうぐぼう
「人牛倶忘」の状態は、気負いもなく。執着も迷いも生まれない状態です。もはや感情的な人生脚本もなく。日常生活を淡々とルーチンワークで繰り返すだけです。ルーチンワーク(習慣化された生活)を退屈に感じるのは、刺激を自分の外に求めるからですが、もうそんな無駄なことをしなくても、やりがいも生きがいも自分のうちに全部揃っています。
誰も言わなかった禅「十牛図」九の返本還源(へんぽんげんげん)
返本還源(へんぽんげんげん)の返本とは、本(原点)に返(還る)、源にたち還ること。つまり「はじめに還ること、源にたち還る」いのちの源流に還るとどうなるのでしょう?川を流れる一滴の水が湧き出る源泉から飛び出す瞬間を想像してみてください。あなたの働き方、生き方はいのちが求めていたことですか?
誰も言わなかった禅「十牛図」十の入鄽垂手(にってんすいしゅ)
「入鄽垂手」とは「ぶらりと町に入ってきて、何をするということもなく帰っていく」という意味になります。つまり、執着がなく、自他共にあるがままでよしとするなら、何も語らなくても、そこにいるだけで、気軽に声をかけるだけで、いのちの本性が、一切衆生に慈悲を持って接するのです。自利他利の仕組みでつながる循環する。
無形資産の教科書|自分を極める「十牛図」とライフプラン
自分を極めるとは、どういうことでしょうか?最高の自分を引き出すことですね。いちばん 判りやすいサンプルがアスリートではないでしょうか。「心はそのまま仏である」といいます。禅の高僧の言葉ですが、この心とは「もともとのいのち」のこころだと思いま

マインドフルネス実践講座

お粥さん

 

マインドフルネス ライフスキル
アサーティブネス ライフプラン&ライフシフト

コメント

タイトルとURLをコピーしました